効果的な脱毛を実現する脱毛機

ムダ毛のメラニン色素に反応するレーザーで毛根にダメージを与えて脱毛を行う形式の脱毛機は、かつては安全性を重視する観点から、照射するレーザーの強度を抑えたものが多く、一定の効果は期待できるものの、本来持っていたはずのレーザーの能力が発揮し切れなかったばかりではなく、お肌へのダメージを最小限に抑えるために、1回の施術で照射する時間を短くするなどの対策が必要で、ムダ毛の濃さや、範囲によっては、複数回の施術が必要でした。


また、毛根の色素にレーザーを反応させるためには、一定の濃さを持った毛根に成長しなければならず、そのようなムダ毛には大きな効果がありましたが、極度に毛根が小さくなっている細いムダ毛や、産毛についてはレーザーが反応せずに残ってしまうこともあり、毛の生まれ変わる周期である毛周期に合わせて施術を行ったり、後から追加の施術が必要となるケースもありました。



しかしその後、脱毛機の研究開発が進むことで、従来の機器と比較して強いレーザーでありながらも、毛根のみを安全にピンポイントで照射できるようになり、脱毛効果が飛躍的に向上しました。



このことから、従来の方式と比較して、短い施術時間でも大きな効果が期待できるようになり、新世代の脱毛機の普及に伴い、短い期間で全身脱毛を達成できることを謳ったエステサロンも登場しはじめ、スピード感と、脱毛効果を両立したサービスが、何かと忙しい現代の利用者の間で、好評となっています。