脱毛機の種類とそれぞれの特徴

脱毛機は顔や体毛のムダ毛を処理するマシンを指し、業務用と個人用の両方があります。

業務用はさらに医療用とサロン用に分かれます。

高い出力度数が出るレーザー脱毛機は医師免許保持者のみが取り扱うことができ、購入ルートも限られています。



また高額で操作も注意をする必要があり、麻酔を使用できるクリニックならではの効果の高さが特徴です。



これに対してサロン用の光脱毛機は出力レベルはマイルドに抑えられていますが、複数の波長を同時に照射することができるので様々なタイプのムダ毛を効率的に処理できます。


高熱で毛根を焼く点では両方ともかわりませんが、最近では毛の再生を活性化させるバルジ領域に働きかけるタイプが新しく開発され、より確実に脱毛できるうえ低温で処理できるので、肌に優しいことが利点として導入が広がっています。

家庭用も従来のシェービング帆方式や引っ張って抜くものではなく、フラッシュ技術を搭載した光脱毛機が普及しています。
素人でも扱いやすいよう、照射レベルは調節できるようになっており、照射面をずらしながら脱毛していきます。



効果レベルや価格などに大きな相違がありますが、ヘアサイクルにあわせて処理が必要という点ではどの脱毛機も共通しています。

毛根が弱り毛が抜け落ちると、再生能力を失った毛乳頭は機能しなくなるので、少なくとも数年は効果が持続します。

中でもメディカルレーザーは半永久的な減毛効果が米国政府によって認められているほどの性能です。